H.29.12 会長講演「局所解剖学と鍼灸臨床からみた刺鍼による長胸神経麻痺を考える ー刺鍼による知覚神経損傷の事例を含めて、安全な刺鍼方法を考えるー」

ozaki-12

『局所解剖学と鍼灸臨床からみた刺鍼による長胸神経麻痺を考える』

ー刺鍼による知覚神経損傷の事例を含めて、安全な刺鍼方法を考えるー

 

鍼灸師・柔道整復師のための局所解剖アトラスの著者の一人である本会会長 尾﨑朋文が、

実技を交え、長胸神経に鍼を当てることが限りなく難しく、麻痺になる可能性はほとんどないことを証明します。

さらに、合谷穴・腰腿点・太渓穴刺鍼と知覚神経損傷例なども報告する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です